診療科・医師紹介

腎臓内科

 

呼検尿異常、腎機能障害の診断
腎疾患は自覚症状が乏しく、健康診断で検尿異常(蛋白尿、潜血)、腎機能障害(BUN,Crの上昇)を指摘され受診される方が大半です。肉眼的血尿、むくみで受診されて、診断される方もみえます
蛋白尿の程度が強い、または進行する腎機能障害では腎生検(針生検)が必要となります
腎生検は入院検査ですが、正確な診断、有効な治療法、予後予測に大変役立ちます

 

腎疾患の治療

蛋白尿、血尿、腎障害の程度により治療、外来受診頻度が異なります
蛋白尿の程度が強い、または進行する腎機能障害ではステロイド、免疫抑制剤による治療を行います
合併症による腎症では血圧、血糖管理も行っています


慢性腎不全の管理 

内服に加え、栄養課と協力し食事指導(蛋白制限など)を行い、腎機能低下を防いでいます
貧血(腎性貧血)の方にエリスロポエチンの皮下注射を早期から行ってます<
急性・慢性腎不全の血液透析導入や、透析患者さんの検査、治療時の維持透析を行っています
集中治療室では持続血液ろ過透析、血漿交換、エンドトキシン吸着をして全身管理をしています
潰瘍性大腸炎の方に顆粒球除去(症状が安定すれば、通院でも施行可能)

 

主な資格

日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本内科学会認定医

経歴

1990年3月

藤田学園保健衛生大学医学部/医科大学 卒業
1990年4月 
名古屋第一赤十字病院 研修医
1992年4月 
名古屋第一赤十字病院 内科・腎臓内科勤務
2001年4月 
蒲郡市民病院 腎臓内科勤務
2003年11月 
県立多治見病院 腎臓内科勤務
2005年6月 
聖霊病院 腎臓内科勤務・内科部長
2006年7月 
名古屋記念病院 腎臓内科勤務・腎臓内科部長

専門

腎疾患、透析療法、膠原病

 

 

主な資格

日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医
日本医師会認定産業医

経歴

平成15年卒

専門

腎疾患、透析療法、膠原病

 

 

主な資格

日本腎臓学会専門医
日本内科学会認定医

経歴

平成23年卒

専門

腎疾患、透析療法

 

 

 

 

 

 

腎臓内科は蛋白尿、血尿が持続する腎炎、ネフローゼ症候群の診断、治療、合併症の治療をしております。腎症を合併する全身疾患(血管炎、高血圧、糖尿病)も診察しております。また、腎機能が低下する腎不全(急性、慢性)の管理、血液透析導入も行っております。

診療実績

準備中