診療科・医師紹介

病院病理部

院内およびグループ病院の生検・組織診断および術中迅速診断を年間4000件以上行っています。
コンサルテーションネットワークを有し、全臓器に対する正確な診断に努めています。
患者さんにとってベストな治療方法に貢献できる診断を心掛けています。

 

主な資格

日本病理学会認定病理専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医


経歴

2000年3月 

藤田保健衛生大学 医学部卒業
2000年4月 
同大学 第一病理学教室にて研修
2001年4月 
同大学 医学部病理部入局
2001年9月 
同大学 大学院医学研究科研究員
2006年4月 
名古屋記念病院 病院病理部

専門

病理診断学(外科病理学―般)

 

 

 

 

 

 患者さんの体より採取された病変の組織・細胞からガラス標本が作製され、この標本を顕微鏡で観察し、診断するのが病理診断です。この病理診断は医行為であり、これを専門とする医師が病理医です。


 病理診断には細胞診、組織診、術中迅速診断があり、すべての科から提出される全臓器が対象になります。 診断は主治医に報告され、治療に生かされます。 手術中に提出された病変に対し短時間で診断結果が出される術中迅速診断では、手術方式や切除範囲の決定に重要な役割を果たします。 病院に病理医がいるということは、患者さんがより質の良い医療を受けることが出来るということです。


 また、ご遺族の承諾のもと、病死された患者さんの病理解剖をさせていただいています。病変の広がり、治療の適正・効果、死因など、解剖でしか分かり得なかった情報は、今後の治療へ生かされ医学の進歩に貢献されます。