薬局関係者の方へ

病薬連携について

当院では、2014年10月より連絡票を用いた病薬連携を抗がん剤治療中のがん患者を中心に開始しています。また、2016年より返信用連絡票テンプレートを導入し、病薬連携連絡票をお渡しする際に返信用連絡票も一緒に送信しています。 病院と保険薬局との連携は、患者さんを中心とした顔の見える質の高い連携へ繋がることを目指しています。

  

 

 

当院で実施してる化学療法のレジメンについて

名古屋記念病院で施行されるがん化学療法はがんプロトコール管理委員会で審査・承認されています。
本サイトでは医療関係者(医師、薬剤師、看護師)を対象に、当院でがん化学療法を受ける患者さんの適正な投与管理を目的としてレジメンを公開するものです。
一般の方への情報提供ではないことをあらかじめご了承ください。なお、投与量、投与スケジュールは、患者の状態によって変更される場合があります。

 

本サイトの目的を理解した上で、レジメンを閲覧しますか?