リハビリテーション部

 

当院は急性期総合病院でリハビリテーションの対象となる患者さんも多岐に渡ります。整形外科術後、脳血管障害発症後の患者さんをはじめ末梢神経障害、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、心筋梗塞等循環器疾患、各種外科的手術前後の患者さんの早期社会復帰を目指して、運動療法、物理療法、ADL(日常生活動作)訓練などを中心としたリハビリテーションを行っています。また脳血管障害の後遺症による言語障害や高次脳機能障害、嚥下障害、小児の発達障害等のリハビリテーションも行っています。また悪性腫瘍(がん)の患者さんも多く、手術後や化学療法中の患者さんの生活の質(QOL)の向上を目的としたリハビリテーションも行っています。上記以外にも、糖尿病教育入院ではリスクを考慮した運動療法の実施、運動に対する知識の向上も図り、退院後の自己管理のお手伝いをさせていただきます。そのほかにも栄養サポートチーム(NST)や褥瘡対策チーム、緩和ケアチームにも参加し多職種でのチーム医療を行っています。
 リハビリテ-ションでは回復期の時期が重要になるため、大腿骨頸部骨折や脳卒中の急性期治療後はリハビリテーション専門病院への転院をご案内しております。これらの専門医療機関とは年3回「地域連携パス会議」を開催し、医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、社会福祉士、事務職員が参加して連携を深めています。このように当院では最適なリハビリテーションを提供し、患者さんの早期社会復帰の手助けになるよう努力しております。